マイナビエージェント就活や転職活動がうまくいかない30代40代50代女性におすすめ比較の転職エージェント。2018と2019は正社員ログイン登録で疲れたやり方。評判口コミサイトランキングの裏事情支援。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

安心のマイナビ

 

  エージェントマイナビエージェント
  対象20代~30代
  地域首都圏・関西圏
  特徴アドバイザーからの手厚いサポート

 



 

 

就活エージェントとしてはメジャーすぎる
マイナビさんのご紹介です。

 

首都圏と関西方面の企業案内がメインになります。

 

注意点としましては、
40代以降の方に向けたエージェントではないので、
40歳を超えておられる方は、
また別のサイトへの登録をオススメします。

 

あっ、でも、だからって年齢は気になさらないで下さいね。

 

エージェントによって、得意な年齢層があるので、
こちらが30代までをターゲットとしてるっていうだけです。

 

逆に、熟年層をターゲットにしているエージェントも
いくらでもあるので、ご安心下さい。

 

 

ただ、僕も就活中は、年齢がいつも気になっていたので、
気持ちはめちゃくちゃ分かります。

 

「もう20代じゃないから、不利なんだろうなぁ・・・」

 

「ライバルに若い子がいたら、そっちが採用されるんだろうな・・・」

 

いえいえ、大丈夫です。

 

そんなことはぜーんぜんありません。

 

 

僕自身の心証だと、年齢はあまり関係ないというのが実情です。

 

明確な根拠がありまして、
管理職時代には、面談も何件もしてきました。

 

つまりは時期によって、僕も採用する側にいたんですけど、
その時、どっちかが若いからって、
それで採否を決めてはいませんでした。

 

まあ、中には若い子を優先するっていう面接官も
いるのかもしれませんが、そんなのは全くナンセンスです。

 

何名か候補が挙がった時、
優秀な方を採用するに決まっています。

 

なので、年齢がいっているからと言って、
落胆した気持ちで就活しないで下さいね。

 

 

個別カウンセリングによる就活支援

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェント

 

 

サイトに登録したら、
案件がたくさん載っていて、それをひたすら自分で探していく、
というタイプの転職サイトも多いですが、一方で、
カウンセリングによって手厚くサポートしてくれるところもあります。

 

マイナビエージェントさんは、応募者と直接会って、
企業とのマッチングを進めてくれるタイプのエージェントです。

 

これについては善し悪しがあり、
専門のキャリア・アドバイザーが適切なサポート!」などと
謳っている会社は多いですが、
社会人も20年以上やっていると、そんな甘言には騙されません(笑)

 

 

専門のアドバイザーって言いますけど、
実はよく分かっていないっていう人、本当に少なくありません。

 

紹介しておいて何をディスってるんだ、って話なんですけど(苦笑)、
色々な人がいるっていう現実を述べておきたいだけです。

 

 

エージェントの会社に行ってみると分かりますが、
めちゃくちゃ若い人が担当についてくれることも多くて、
一見して経験が浅いのが分かる場合があります。

 

若いから専門家じゃない、って訳でもないんですけどね。

 

 

実際に僕が体験したことなんですけど、
あるエージェントに登録してから面談に行った時、
その担当者は、とある会社をやたらと押してきました。

 

他に気になっている会社があったので、
丁重にお断りしたのですが、
断った途端、その担当は人が変わったように怒りだし、
すぐにその日の面談が終了になりました。

 

僕はすごく嫌な気分でそのビルを出て、
とぼとぼと帰ったのを覚えています。

 

その人は、若い担当者でした。

 

 

向こうも仕事です。

 

もしかしたらですけど、マッチング人数のノルマがあり、
焦っていたのかもしれません。

 

でも、不安な就活中の人間をさらに不安に
陥れるような仕事のやり方にはげんなりしました。

 

 

そこで一つ、ポイントとしましては、
そういう場合は担当を変えてもらえますので、
すぐに電話して、担当者を変えてもらって下さいね。

 

精神衛生上も絶対に良くありませんから。

 

僕もその時は、実際にすぐそうしました(笑)

 

 

専門アドバイザーですって言ってても、
『百戦錬磨の何でも来い』ってわけじゃないってことです。

 

ですので、こちらも相手を選ぶようにしましょう。

 

 

ただ、やっぱり直接カウンセリングを受けて、
マッチングしてもらえるのは効果絶大です。

 

慎重に、でも大胆に、
エージェントを利用すればいいと思います。

 

 

先程のは極端な例ですので、
いい担当者の方と出会えれば、
ソッコーで決まる場合の方が多いですよ。

 

 

 

非公開の求人を紹介してくれる

 

ここがマイナビエージェントさんの最大の特徴です。

 

その前に、非公開求人って何? って話なんですけど、
大きくは次の4つが、求人を非公開にする理由です。

 

 

その1.企業は手間を減らしたい
情報をフルオープンにしていると、
応募者の数は増えるかもしれませんが、採用する側としては、
今度はふるいに掛ける作業が大変になってきます。

 

特に、大企業になるほど、その労力は増えていきますよね。

 

ですから、その部分をエージェントにやってもらえると、
企業としては効率がいいんです。

 

 

その2.エージェント的にも効率がいい
登録者が無制限でとある一つの会社に殺到すると、
エージェントとしてもそれを捌くのに非常に効率が悪いです。

 

企業と求職者の両方に問い合わせする作業や、
マッチングにかかる労力は、なるべく減らしたいのが本音でしょう。

 

最初から適したマッチングで進めていった方が効率的です。

 

 

その3.企業は採用計画を他社に知られたくない
たとえば、物販の会社が、
スマホアプリの採用を出していたとします。

 

すると、「あの会社はアプリ産業に参入するつもりなのか」
とバレてしまいますよね。

 

あるいは、
「いい技術者を多く抱えているあの会社は、
 一体どこで人を採用しているんだろう?」
というのもバレてしまいます。

 

自社の有益な情報は、できるだけ隠しておきたいものです。

 

 

その4.求人を出しているのが知れると社内的に困る場合がある
例としては、こんな場合が想定されます。

 

ある部署の求人が出ているのが社内に知れ渡った。
その部署では、優秀なAさんが「辞めたい・・・」と
漏らしているのが周知の事実としてあった。
必然的に、Aさんが辞めるつもりなのが自明のものとなり、
社内が混乱に陥った。

 

また、こんな場合もあるでしょう。

 

ある部署の要職の求人が出ているのが社内に知れ渡った。
ある部署に今いる人たちは、
自分たちが重要なポストに就けないと悟ってしまった。
真面目に頑張ってきたのに、
どういうことなんだと大騒ぎになった。

 

企業としては、いい人がいたら採用したい、
ぐらいのスタンスで求人を出したい場合も多いです。

 

求人情報をフルオープンにして、
無用の混乱を招くのは望みません。

 

 

 

以上が、企業が非公開求人にする理由です。

 

でも、中小企業で応募が少ないというところは、
非公開にしている場合じゃないので、
ほんとに会社次第です。

 

逆に、大手だからこそ、手間がかかってもいいから、
最大限の応募者から決めたいっていう場合もありますしね。

 

 

ですが、こうした非公開の情報は、
エージェントに登録しなければ得られないものなので、
ぜひとも利用したい就活方法の一つです。

 

 

一つでも多くのエージェントを利用した方が早く決まるので、
20代~30代で、
首都圏・関西方面に就職の予定がある人は、
ぜひともマイナビエージェントへの登録をおすすめします。

 

 

カウンセリングによるサポートを受けながら、
安心して就活を進めたい人はコチラから↓


 

 

 

人によっては、カウンセリングに出向くのが面倒という方も
おられるかもしれません。

 

僕もどちらかというと出不精なので、
気持ちはよく分かります。

 

ですが、面談に重きを置いているエージェントには、
それはそれで良さがあります。

 

気分転換にちょっと外に出てみる、ぐらいの気持ちで、
気楽に行ってみるといいと思います。

 

実際の面接に行くわけじゃないので、
緊張する必要もまったくありません。

 

自分で転職サイトを検索して探すより、
あっけなく決まるというケースも多いので、
家を出る一歩だけ踏み出してみて下さい。

 

あっ、どうか優しい担当者さんに巡り会えますように☆

 

 

夏衣優綺でした。

 

 

関連ページ

キャリコネ
就活や転職活動がうまくいかない方に有力なエージェントのご紹介です。20代から30代、40代、50代でも転職できるおすすめサイトです。看護師や保育士など、女性のお仕事も積極的に支援します。

ご褒美ナビ☆あおぞら